ローンの審査について知っておこう

住宅ローンは住宅を購入する資金を借りることができるローンです。借りる金額が数千万円ということも多いため、長い年月をかけて返済するケースがほとんどです。長い年月をかけて返済するということは、貸付をする金融機関にとってもリスクが生じるということになります。

 

もし、途中で返済が滞るようなことがあってはいけませんから、貸付をする前には審査があります。カードローンなどでも審査がありますが、住宅ローンでは貸付をする金額が大きいため、より厳しい審査になる傾向があります。住宅ローン審査でも他の審査と同様に、年収や職業などを元に審査を行います。住宅ローンでは安定した収入を重視する金融機関が多く、大手企業の会社員などは審査を通過しやすいようです。

 

逆に、自営業の人の場合には、3年以上安定した経営をしている必要があります。また、住宅ローンの申し込みをした時点で、他のローンや借入があると、審査に通過するのは厳しい傾向にあります。また、クレジットカードを多く所有している場合にも、審査ではマイナス要因になることがあるので、申し込みをする前には、借入は清算し、利用していないクレジットカードなどは解約しておくとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。