住宅ローンの種類

住宅ローンには大きく分けて、2つの種類があります。
財形住宅融資や自治体融資といった「公的融資」と、民間業者から融資を受ける「民間住宅ローン」の2つです。
最近TVで話題の「フラット35」は、後者にあたります。

 
ただし、住宅金融支援機構(旧「住宅金融公庫」)という独立行政法人が民間銀行と提携して作ったローン制度ですので、民間ローンとは言え公的融資に近いイメージがあり、その意味では安心感が持てますね。
ローンは通常金利が変動するため、今後の社会情勢によっては金利が上がり「支払いも増えるのでは?」という不安がああります。

 
その不安を解消するためにできた制度が「フラット35」です。
最長35年、金利固定でローンを組めるため、月々の支払額がはっきりしており、計画的に安心して返済できるというメリットがあります。

 
ローンの借り入れに必要な保証金も不要で、繰上返済したくなった時も手数料無料で変更できます。
ここまで書くといいことづくめのようですが、実は注意点もあります。
この制度を利用するためには原則として、団信(団体信用生命保険)に加入しないといけません。

 

これは、支払う人が死亡したなど万一のことがあった場合、残りのローンが免除される保険です。
加入していないと遺族がローンを肩代わりするハメになるため、ぜひ加入しておくことをお勧めしますが、団信の特約料(保険料)としてローン期間中、全部で100〜200万程度必要となります。

 

そのため、借り入れの金額や条件によっては、他の民間ローンの方がお得になるケースもあるようです。
どのローンもメリットとデメリットがありますので、よく比べて検討して、後悔しないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。