勤続3年以上で他に借入がなければ審査は通りやすい

金融機関のローン商品を利用するためには、当然ながら審査に通らなければいけません。金融機関としては融資が焦げ付く恐れのある信用力の低い人に、大切な資金を貸し付けたくないのは当然だからです。

 
一般的に信用力の度合いをはかる重要な基準とされているものが勤続年数です。金融機関は債務者が安定した収入を継続して得ることができる人物であるということを重視します。したがって勤続年数に関しても3年以上同じ会社で働き続けているというのが、融資を決定するうえでの一つの要件となることが多いのです。ただしローン商品の種類や金融機関によりますが、例外として給与の振り込み口座が融資を申し込む金融機関である場合はこの基準が緩くなることもあります。

 
さらに他社借入れの有無も重要な要件です。他の金融機関等からの借り入れがある場合は融資を受けることが難しくなります。これは消費者金融からのキャッシングだけでなく、マイカーローンやクレジットカードのキャッシング枠についても対象となりますので注意が必要です。
これらの要件は金融機関が信用力を判断するための非常に重要な指標となります。したがって上記の要件をきっちり満たしておけば、融資を受けられる可能性は格段に高くなるのです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。